認定NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン 大阪マラソンエントリーページ

寄附先

認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン

支援総額

148,174円

支援総額

148,174円

支援者数

32人

残り

3日

寄附して支援する

※ 現在はエントリー期間外なのでこちらから寄附を行なってもエントリーは出来ません。

大阪マラソン2024のエントリーは2023年11月17日の08時をもって受付を終了致しました。

【団体・活動紹介】

ミャンマーとベトナムで国際協力活動をしている日本のNGOブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)です。1993年設立。

【寄付金の使途】

大阪マラソン2024でいただいたご寄付は、ミャンマーとベトナムで困難な状況にある人々の暮らしや学びを支えるインフラ整備の活動に活用します。

【寄付控除の有無】

有り(認定NPO法人です)

寄付金控除についての詳細は下記URLをご確認ください。

https://www.baj-npo.org/donation/deduction.html

ストーリー

団体紹介

設立30年目の日本のNGO

私たち ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は主にミャンマーとベトナムで国際協力活動をしています。1993年に任意団体として発足し、1999年にNPO法人化、2007年に認定NPO法人を取得しました。2023年11月に設立30周年を迎えます。


貧困、難民、紛争などの解決困難な課題に草の根レベルで取り組む

私たちはアジア地域のさまざまな課題に対し、地域の住民と一緒に考え行動することで解決の道を探ります。宗教や言語の違いを越え、インフラ整備、技術訓練、教育支援などの事業を通して、異なる背景を持つ人々のあいだに相互理解と信頼の架け橋を築くことを目指しています。

(1995年 ミャンマーラカイン州北部にて機械整備場を開設。 ※クレーンの荷台を舞台にしています)


ミャンマーとベトナムで取り組んでいる社会課題

ミャンマーとベトナムでいろいろな課題に取り組んでいます。活動の概要をご紹介します。


ミャンマー

① 帰還する難民たちと村落コミュニティの生活環境を改善

ミャンマー西部、バングラディシュとの国境地域であるラカイン州北部はいわゆるロヒンギャと呼ばれるムスリム系住民が多く住む地域として有名ですが、政情不安や紛争の影響などで大量の難民が発生してきた場所でもあります。

BAJは90年代から国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のパートナー団体として活動を開始し、現在は難民の帰還に向けた同地域の村落の生活環境を整備する活動(道路整備、貯水地修繕、井戸掘削、ソーラー街灯設置など)をしています。


② 学びの場を通じた民族融和

ラカイン州北部の複雑な民族の状況において、異なる背景を超えて相互理解と信頼関係を築くことは重要です。私たちは異なる民族同士の女性たちを集めて小さな裁縫教室を運営しています。様々な学びの機会を提供するとともに、学びの場を通じた民族融和を促す活動です。この地域にとって大切な場所であると考えています。


③ 子どもたちの学習環境の整備

ヤンゴン郊外の孤児院や寺子屋学校などを中心に、本棚と図書をセットにした「小さな図書室」を寄贈する活動をしています。コロナや政情不安の影響から、こうした施設の運営にも多くの困難が出ていますが、子どもたちは学び続けています。図書の寄贈を通じて、子どもたちを少しでも勇気づけ、読書の喜びや楽しみを届けていきたいと考えています。


④ 生活用水の供給

中央乾燥地域の村落部は乾期には水不足に陥り、住民たちは深井戸の水を水源として利用します。長年の使用により揚水量が落ちた深井戸の修繕を行ない、村に必要な生活用水量を増やします。


ベトナム

① 地域の自然や文化を学び、子どもたちに自信と誇りを!

長年ベトナムのフエ市で子どもたちと環境活動を進めてきました。現在は市内3つの小中学校で環境教育の授業や、地域の自然や伝統を学び、その価値を実感してもらい、未来につなげていくための様々な学習の機会をつくっています。また、学校側と協議した上で、経済的に困難な状況を抱えている子どもたちへの奨学金の支給も一部行なっています。


② 経済発展と調和した持続可能な農業の模索

同じくフエ市にて、零細農家の収入向上支援活動を行なっています。町の発展とともに、地域に残る小さな農家は次々に農業をやめています。どうして経済発展とともに零細農家のしごとや生活文化は失われてしまうのでしょうか。技術と経済の2つのアプローチ(バイオガスダイジェスターと直売所運営)で、昔ながらの零細農家のくらしや文化を守り、発展させていく活動をしています。


私たちが理想とする国際協力

違いをこえて、ともに知恵を出し合い、ともに生きる道をさぐる

世界中の解決困難な課題に対し、異なる背景を超えて、ともに考え、行動するプロセスこそが、たがいの理解と信頼を育み、よりよい社会を創り出すと信じています。解決策も重要ですが、そこに至るアプローチやプロセスも同じかそれ以上に重要だと考えています。

等身大の対等な国際協力をめざして

支援する側とされる側で、目線が上と下で分かれてしまうと、本当によい活動は難しいと考えています。等身大で向き合い、お互いに学び合う姿勢があるからこそ、難しい困難な課題に対して、勇気が湧いてきますし、いい知恵も出てきます。困難を分かち合い、ゆたかさを学び合う。専門的な技術も参考にしながら、よい意味でのアマチュア精神を失わず、謙虚に、対等に、地域の人々と向き合っていく。そうした国際協力を目指しています。



事業体制と実績

現在、東京、ベトナム、ミャンマーの3ヵ国計4か所に事務所を構え、日本人7名、ベトナム人4名、ミャンマー人60名のスタッフ体制で活動しています。


年表

1993年に設立。ベトナムの戦後復興支援、障害者支援が活動の原点。

1994年より国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請を受け、ミャンマーのラカイン州を拠点に帰還難民の定住促進事業として車両整備や技術訓練等を実施。

2000年よりミャンマー中央乾燥地域で生活用水供給事業を開始。

2002年にベトナムに事務所を設け、子どもたちの環境教育、貧困地域の生活改善事業を推進し、農家支援も開始。

2012年よりミャンマーラカイン州にて小学校建設事業を開始。

2014年ベトナム・フエに零細農家を支援する直売所を開設。同年ミャンマーパアン市にて技術訓練学校を運営(2019年引継ぎ完了)。

2019年1月よりUNHCRと共にラカイン州北部にて小規模インフラ整備事業を開始。

2022年、ミャンマー都市部の孤児院等で図書寄贈開始。同年ラカイン州北部にて女性のための裁縫教室運営を開始。

2023年、ミャンマー図書寄贈継続、裁縫教室第一期修了、第二期開始。ベトナム環境教育活動と農家支援を継続。

主なこれまでの実績

【ミャンマー】

●整備した基礎インフラ

基礎インフラ建設(道路・桟橋・貯水池・排水路など))115件

新規井戸掘削建設 537本

井戸・給水設備修繕 469か所

●実施した技術・技能研修

車両・エンジンなど修理 5,801件

保守・整備研修 165回開催 1,187名参加

●教育環境の支援

建設・修繕した学校校舎 325校

防災林教育研修実施 252回、 7,775人

学校教材林植樹 5か村、 51,690本

図書とおもちゃの棚寄贈 116校、 25,157人

【ベトナム】

●子どもの支援

補習・奨学金・生活支援 1,312 名

障がい児者支援 206名

● 環境改善

ゴミ分別活動参加者(2002~2011年)3,440名以上

環境学習・実践参加児童 4,583名

●貧困農家経営支援

バイオガスダイジェスター設置農家軒数 95基

直売所出荷農家数 延べ60世帯以上


いま最も力を入れている活動

大阪マラソン2024のご寄付で、女性や子どもたちをはじめとした困難な状況にある人々の暮らしや学びを支える、3つのインフラを整備します。

(1)学習:どんなときでも学べる環境を!<ミャンマー>

・ヤンゴンにて、クーデター以降、学校に通うことが困難な子どもたちや、親元を離れて暮らしている養護施設等の子どもたちに図書と本棚のセット(小さな図書室)を寄贈。(1セット 約18万円)

・ラカインにて、民族間の争いが絶えない場所で、異なる背景を持つ少数民族の女性たちがともに学び合い、生きる道を探る裁縫訓練事業の実施。(20人が8か月学ぶコース運営に約300万円)

(2)生活用水:安定した水量の確保を!<ミャンマー>

・中央乾燥地域にて、コロナと政変以降、経済的に困窮し、故障したままで十分な水量が出なくなった村の深井戸の修理の実施。(1つの深井戸修繕に約50万円)

(3)働く場所:伝統的な農業が生き残るためのを場所を!<ベトナム>

・フエにて、発展から取り残された昔ながらの農法を守っている零細農家を支える直売所の運営サポート。(サポート用の実験圃場の運営コスト年間30万円)


マラソンを通じて『旅』に出かけよう

ランナーのみなさんにはBAJという「窓」を通して、ベトナムとミャンマー(そして大阪)のさまざまな風景に出会ってほしいと思っています。いろいろなオンライン・イベントを企画しています。そこで、ミャンマーとベトナムの社会課題に触れていただくことはもちろんですが、それだけに留まらない、その国の社会や文化の魅力、自然や人々の美しさを、さわやかに、気軽に、感じていただけたらと思っています。

マラソンを通じて、異世界を旅しましょう。そして大阪マラソンというお祭りに備えましょう!


具体的には、下記のオンラインイベントを考えています。


●「完走にむけて大阪マラソン経験者から学ぼう!」(練習頻度、メニュー、寄付集めのコツなどをゲストが講演)


●「オンラインで旅に出かけよう! 寄付先の国の文化を知ろう」(ベトナムとミャンマーの料理教室または語学教室)


●「大阪を知ろう! 大阪で活動するNPOの深い話を聞こう」(当団体とつながりのある大阪のNPO職員の講演)



代表メッセージ


根本悦子/BAJ理事長


BAJはベトナム戦争終結後の1980年代から細々と復興支援を続け、1994年に国連(UNHCR)の要請に応じるかたちでミャンマーでの活動を開始しました。とくにミャンマーの活動は、その後の想像をこえて大きなものとなりました。


私たちBAJは、「ともに知恵を出し合い、ともに汗を流す」という理念で活動を進めてきました。というのも、「現状のミャンマーを支援するのはいかがなものか」という声にお応えしたいのです。


いまから28年前、軍事政権のミャンマーで活動を開始したとき、やはり同じ意見を言われました。そこで当時、日本で生活をたてながらミャンマー民主化の活動家に相談したところ、「NGOとしてミャンマーに入れるならぜひ入ってほしい」という言葉をいただいたことが決断する力となったからです。


実際ミャンマーに調査で足を踏み入れたところ、現場で起きている事実の監視役として、よそ者である私たちの存在が大きな力となることが分かりました。


ミャンマーで活動するNGOは、現在さまざまな規制を受けており、計画通りに事業を進めることが困難な情況にあります。そうしたなかで、BAJは現地職員と相談しながら、できることはないかと探っています。困難な情況下でも現地の人々と向き合い、少しでも希望につなげていきたいのです。


私たちBAJはあきらめません。ミャンマーでこれからも活動を進めていきます。どうか皆様からのエールやご支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。


さいごに

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

ぜひBAJのチャリティランナーになっていただき、思い出に残る「旅」と「お祭り」を一緒に作り上げていきましょう。ご参加、ご支援をお待ちしております。



エントリー中のチャリティランナー

認定NPO法人

ブリッジ エーシア ジャパン

〒151-0071

東京都渋谷区本町3-48-21新都心マンション303

03-3372-9777

https://www.baj-npo.org

代表:根本悦子

Syncableについて
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約 (一般の方 / 掲載団体)
  • 特定商取引法に基づく表記

© 2021 STYZ Inc.All rights reserved